May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Cherry Blossoms,Sushi and Takarazuka by Jill Rutherford

以前もご紹介した、私の大切な友人Jillさんが
イギリスで出版したエッセイ

”Cherry Blossoms,Sushi and Takarazuka”

が、大阪梅田・茶屋町のMaruzen&ジュンク堂さんで
今月から店頭販売されています!

 

※現在はジュンク堂書店西宮店・アクタ西宮西館4Fのみ

でのお取り扱いとなります(2017/1月 加筆)
こんなPOPつきで

このように陳列されています。

数ある本屋さんの中でも
落ち着いた雰囲気に加え 日本最大級という洋書売り場は圧巻で
私も大好きなお店です。

みなさんも梅田でのお買い物ついでに
是非お立ち寄り下さいね。

ちなみにJillさんの本は全品サイン入りで
¥1995(税込) です。

Jillさんのホームページはコチラ


<内容>

映画「阪急電車」の舞台にもなった
阪急今津線に住んでいた7年間に
日本の人たちとの交流のなかで感じた

様々なカルチャーギャップ、
日本人の温かさ、素晴らしさ、率直な疑問、
そして愛する宝塚歌劇のこと。

美しいイギリス英語で綴られた、読み応えのあるペーパーバックです。
イギリスでは書店サイン会なども頻繁に開催され
「日本文化と日本人がよくわかる」と話題になっています。


ちなみに、わたくしアトリエミックの松田は 
本名 Ruiko をもじり Ryoko という仮名で 
同じく仮名の家族とともに何度も登場しております。



ノンフィクション本に自分が登場するのは人生初なので
ちょっぴり気恥ずかしいですが・・・
「イギリス人から見た日本」の姿が、私たちの想像を超えたところに
浮かび上がって、カルチャーの違いをしみじみと認識させられます。
英語学習者をはじめ、宝塚ファンの方など、是非1人でも多くの方に
読んで頂きたいお勧め本です! (全編英語)


日本での販売は、アトリエミックが代行しています。
英語クラスなどでまとめてご購入の方は
ご希望冊数をお知らせの上、ご予約下さい。
(10冊以上の場合、1カ月ほどお待ちいただく場合もございますので
予めご了承ください)

お問合せは下記までお気軽に。 

◆件名<JIll’s book>とし atelier.mic@k6.dion.ne.jp  までどうぞ。

宝塚歌劇を愛したイギリス人女性 ジルラザフォード著 「桜とすしと宝塚」

宝塚歌劇とイギリス文化、イギリス英語が大好きな方におすすめ!
 
イギリス人ライタージルラザフォード著のエッセイ
¥2052(本体価格¥1900)で発売!
★著者直筆サイン入り★送料別


ミックイングリッシュ誕生のきっかけともなった
私の大切な大切なイギリスの友人、
ジル・ラザフォードさん(現在イギリス・イーストボーン在住)が
日本に滞在した7年間の軌跡をまとめたエッセイ
を英国内で出版、発売しました。
 
Cherry Blossoms,Sushi snd Takarazuka
~Seven Years in Japan~


映画「阪急電車」の舞台にもなった
阪急今津線に住んでいた7年間。
日本人たちとの交流のなかで感じた

様々なカルチャーギャップ、
日本人の温かさ、素晴らしさ、率直な疑問、
そして愛する宝塚歌劇のこと。

美しいイギリス英語で綴られた、読み応えのあるペーパーバックです。
イギリスでは書店サイン会なども頻繁に開催され
「日本文化と日本人がよくわかる」と話題になっています。

詳しくは
★ Jillのホームページ(英語)⇒コチラ
★ e book は(英語)→コチラ

★ サイン本ご購入希望の方はミックイングリッシュで
お取扱しています。メールで下記までご連絡ください★

タイトル「ジルの本希望」とし
,棺蚕雖△名前お電話番号ご望冊数(3冊まで※)を
info@micsalon.com あてに送信後、
こちらから送料・ご入金方法などご連絡致します。

※英語クラスなどでまとめてご購入の方は
ご希望冊数をお知らせの上、ご予約下さい。
(10冊以上の場合、1カ月ほどお待ちいただくこともございますので
予めご了承ください)
   Jill Rutherford

ちなみに、わたくしアトリエミックの松田は 
本名 Ruiko をもじり Ryoko という仮名で 
(同じく仮名の家族とともに)本文中に登場しております。


ノンフィクション本に自分が登場するのは人生初なので
ちょっぴり気恥ずかしいですが・・・
「イギリス人から見た日本」の姿が、私たちの想像を超えたところに
浮かび上がって、カルチャーの違いをしみじみと認識させられます。
英語学習者をはじめ、宝塚ファンの方など、是非1人でも多くの方に
読んで頂きたいお勧め本です! (全編英語)

1
pagetop